Top Page



 理事長プロフィール





FMラジオ番組
「まきの聖修の、出せ静岡の底力」













チベット民衆蜂起60年 ピース・マーチ in 東京


チベットに自由と平和を ──


[2019.3.10]




チベットの自由と平和を求める人々と共に
(in 東京・浅草)



 3月10日、東京の浅草において「チベット民衆蜂起60年ピースマーチ」が行われました。

 チベットに自由と平和を取り戻す為、日本に住むチベット人と支援者達が集まり、シュプレヒコールを上げながら、浅草の街を歩きました。

 東京におけるピースマーチに毎年参加している当財団の牧野理事長は、今年も開会式においてスピーチを行い、共に行進しました。

 今から丁度60年前の1959年3月10日、チベット本土に暮らすチベット人達は、チベットを占拠した中国軍に対して立ち上がり、「スノーランドはチベットの土地である」と主張し、デモ行進を行いました。「チベットはチベット人のものだ」と、チベットの人々は声高く訴え、一致団結して、チベットの最高指導者であるダライ・ラマ法王14世の生命を中国当局の凶手から守り抜きました。

 法王はその後亡命を余儀なくされましたが、過去60年にわたって、中国当局はチベットに暮らすチベット人達を激しく弾圧し、基本的人権を否定して、チベットの言語、文化、独自のアイデンティティ、宗教を消し去ろうと組織的な施策を続けてきました。

 かくして、人類の叡智の宝庫でもあるチベットの文明そのものを、中国当局はこの地球上から抹消しようとしています。

 しかも中国当局は、チベットで60年続く抑圧を終わらせるどころか、「0と100政策」を新たに打ち出しました。

 この新しい政策では、国際メディアと亡命チベット人からの情報がチベット本土に流入するのをゼロにし、チベットに関する公式ニュースの100%を中国政府が管理し諸外国や亡命チベット人に普及させる、というものです。

 高度情報化社会の現代世界において、こうした時代錯誤の政策を打ち出し、まるで中世のような残虐非道な弾圧を続ける北京中国政府および中国共産党は、「文明の敵」「人類共通の敵」として、断固糾弾されて然るべきであります。

 当財団はこれからもチベットと連帯し、チベット本土に自由と平和がもたらされるまで共闘してゆく所存です。



































《財団概要》

名称:
一般財団法人 人権財団

設立日
2015年 9月28日

理事長:
牧野 聖修
(まきの せいしゅう)




 定款(PDFファイル)




《連絡先

一般財団法人
人権財団本部
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-9-6
十全ビル 306号
TEL: 03-5501-3413


静岡事務所
〒420-0853
静岡市葵区追手町 1-19
天松追手町ビル2F
TEL: 054-205-6155
FAX: 054-205-6156